ここから本文です

伊藤蘭さん、41年ぶり歌手に キャンディーズ解散以来

3/14(木) 4:05配信

産経新聞

 「年下の男の子」などのヒット曲で知られ、昭和53年に解散した3人組アイドルグループ「キャンディーズ」の元メンバー、伊藤蘭さん(64)がソロ歌手としてデビューする。関係者が13日に明らかにした。本格的な歌手活動は41年ぶりという。

 5月29日にソロデビューアルバム「My Bouquet(マイ・ブーケ)」を発売する。シンガー・ソングライターの井上陽水さん(70)やトータス松本さん(52)がそれぞれ作詞作曲を担った曲や、自身が作詞した曲などを入れる予定。6月11、12の両日には東京都文京区の東京ドームシティホール、同月14日に大阪市中央区のNHK大阪ホールでコンサートを行う。

 キャンディーズは「年下の男の子」や「春一番」などをヒットさせたが、人気絶頂のさなかに「普通の女の子に戻りたい」と解散を宣言。53年に東京都文京区の後楽園球場で開いたコンサートで「本当に私たちは幸せでした」という言葉を残して解散した。

 伊藤さんは解散後も女優として活躍していたが、昨年、事務所から歌手復帰を打診されたという。伊藤さんは「まだエネルギーがあるうちに、歌ともう一度向き合うのもいいのではないかと思いました。間違いなくラストチャンスだと思った」とコメントしている。

最終更新:3/14(木) 4:05
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事