ここから本文です

風呂場から出火か 木造住宅など約230平方メートルが全焼、けが人はなし 岡山・総社市

3/14(木) 11:34配信

KSB瀬戸内海放送

 14日未明、岡山県総社市で住宅などが全焼しました。けが人はいませんでした。

 14日午前0時すぎ、総社市種井の警備員西森康則さん(67)の住宅から火が出ていると、近所に住む女性(70)から119番通報がありました。駆けつけた消防が約3時間後に火を消し止めましたが、木造平屋建ての住宅1棟と木造2階建ての蔵1棟、合わせて約230平方メートルが全焼しました。

 西森さんは1人暮らしで、風呂場の方から火が出ていることに気付いて逃げ、けがはありませんでした。警察と消防が火事の原因を調べています。

最終更新:3/14(木) 12:03
KSB瀬戸内海放送

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事