ここから本文です

“元祖ホストレスラー”ゴージャス松野が歌舞伎町でイケメンに3連敗!

3/14(木) 18:34配信

バトル・ニュース

 13日、新宿FACEにて歌舞伎町プロレス『百花繚乱~傾け男たち!~』が開催。第3試合では“元祖ホストレスラー”ゴージャス松野と黒潮“イケメン”二郎によるGAMO&MILBONプレゼンツ『イケメン、ホストになるってよ。』スペシャルヘアメイキングマッチが行われた。

 ゴージャス松野は20代なかばで芸能界に入った後、沢田亜矢子さんとの4年にも及ぶ泥沼の離婚劇を経て、ホストクラブ『愛』でホストデビュー、路上人生相談による日本巡業、AVに男優として出演、『妖怪人間』でタイガー・ジェット・シンとともに歌手デビュー、『サンデージャポン』でジャーナリストに転身と波乱万丈な人生を送り、2001年にプロレスラーデビュー。2004年からはDDTプロレスに所属し、東日本大震災で被災した地元・福島のために今現在も復興イベントを続けている。

 その松野が久々にホストレスラーとして歌舞伎町に降臨するということで、二人はカリスマ美容師によってヘアメイクされて登場。イケメンは『ザ・ノンフィクション』や『アウト×デラックス』で特集も組まれた“ROMEOの最年長ホスト”伯爵(42)をセコンドに従える。
 これに松野は「ホストの厳しさ、男の厳しさ、プロレスの厳しさとくと教えてやるから」と豪語するが、わずか3分でイケメンのトラースキックが顔面に決まり3カウント。
 帰ろうとするイケメンに「プロレスっていうのはよ、いわゆる総合格闘技と違ってこんな早く試合終わってもお客さん満足しねーんだよ!プロレスっていうのはよ、選手がやったりやられたりする過程を楽しむために高いお金を払ってきてるんだ!」と松野が説教し再試合へ。

 再試合もわずか52秒でイケメンのトラースキックが顔面に決まり3カウントとなるが、松野は「おいお前、人の話聞いてんのか?レフェリーも空気読んでんのかよお前よ」とレフェリーにも説教し再々試合へ。

 再々試合開始直後にイケメンのトラースキックが顔面に決まりフォールも、レフェリーが空気を読んで3カウント目を叩かずに2。
 松野は619やゴージャススーパースターエルボーを投下し流れを引き込もうとするが、イケメンは容赦ないアラビアンプレスからバズソーキックを叩き込み、最後は松野をイケメンフラッシュで丸め込んで3カウント.

 勝利したイケメンには、イケメンの長髪のために美容室でしか販売されていないドライヤーやコテを当てるとツヤが出るMILBONのヘアケアセットが美容総合商社GAMOの中根さんより贈られた。

あなたにおすすめの記事