ここから本文です

「アーモンドミルク」の人気がスゴイ 魅力とレシピを専門家が解説

3/14(木) 11:50配信

Hint-Pot

牛乳、豆乳に次ぐ“第3のミルク” 「アーモンドミルク」の魅力を探る

 最近、スーパーなど店頭でよく見かけるアーモンドミルク。料理やドリンクメニューに取り入れているレストランやカフェもありますよね。アメリカを中心に美や健康志向の高いセレブやモデルたちが愛飲していると言われ、“スーパーフード”として知られています。

 日本では2013年にブルーダイヤモンド「アーモンドブリーズ」が初めて市場に出回ると、翌14年には江崎グリコが「アーモンド効果」を発売。その後、牛乳、豆乳に次ぐ「第3のミルク」として他メーカーも続々と参入し、15年には25億円市場、17年には41億円規模の市場に拡大しました(日本テトラパック株式会社提供・インテージSRI「アーモンドミルク市場調査」)。ここ5、6年で急成長の売れ筋になっています。

 慶應義塾大学医学部化学教室の教授で医学博士の井上浩義氏は、アーモンドミルクの魅力を、こう説明します。

「原料のアーモンドにはビタミンE、オレイン酸、食物繊維、ミネラルなどの栄養成分がたっぷり含まれています。豊富な栄養素を効果的に吸収するためには、粒のままよりもアーモンドミルクのように液状であるほうが良いという研究報告もあり、硬い粒を噛む必要がないという点で、そしゃくが苦手な子どもや高齢者にも向いていると言えます。すぐにエネルギー補給ができるので、スポーツ中や後に糖分を加えて摂取する疲労回復の飲料としても適しています」

 近年、ナッツ類の美容・健康効果が見直されているブームに加え、摂取のしやすさも人気の秘密のようです。

井上氏「アーモンドミルクの魅力をもっと知って欲しい」

 なかでも、注目すべきは全食品中でトップクラスというアーモンドのビタミンE含有量。「ビタミンEは強力な抗酸化作用をもち、酸化ストレスから体をまもります。また毛細血管を拡張させて血流を促す作用がありますので、冷えや肩こりの軽減にもつながり、美肌にもはたらきかけると言えます。女性にアーモンドミルクの魅力をもっと知って欲しいですね」と井上氏。ビタミンEは、その抗酸化力からアンチエイジング、生活習慣病の予防、ホルモンの分泌に関わるはたらきなどが期待されると言われており、女性の健康には欠かせない栄養素のひとつ。ふだんの食事で、適度に取り入れたいですね。

 アーモンドミルクという名前から「アーモンドのエキスや抽出シロップが入った牛乳」を連想するかもしれません。一般的に販売されているアーモンドミルクは、作り方がメーカーによって様々ですが、基本的には水に浸した生アーモンドを細かく砕いてこした植物性飲料で、牛乳ではありません。コレステロールはゼロ、牛乳と比べてカロリーや糖質、脂肪分は低め。ナッツアレルギーの方は注意が必要ですが、牛乳や豆乳が苦手という人には代用品としても活躍するミルクです。

 そのまま飲むのもおいしいのですが、いつものカレーにプラスしたり、シリアルやスムージーなどに加えるなど、上手に活用してみてはいかがでしょう。ビタミンEたっぷりアーモンドミルクを使った料理。これから人が集まる季節にぴったり。お家女子会向きメニューを管理栄養士の柴田真希さんに教えていただきました。

1/2ページ

最終更新:3/14(木) 14:25
Hint-Pot

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事