ここから本文です

チリ・アタカマ砂漠に太陽熱発電の巨大プラント、中南米初

3/14(木) 14:55配信

AFPBB News

(c)AFPBB News

【3月14日 AFP】チリ北部のアタカマ砂漠(Atacama Desert)で、中南米地域初となる太陽熱発電の巨大プラントの建設が進められている。高さ250メートルの塔の周りを数千の巨大な鏡が取り囲むこの施設では、電気を24時間つくり続けることが可能だという。これはその他の再生可能エネルギーでは難しいとされる。映像は2018年12月、2019年2月26日撮影。(c)AFPBB News

最終更新:3/16(土) 20:53
AFPBB News

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ