ここから本文です

JR普通列車が乗り降り自由の「青春18きっぷ」の使い方とお得旅

3/14(木) 12:01配信

MONEY PLUS

国鉄時代から続く数少ないトクトクきっぷのひとつが、全国のJR線の快速・普通列車の普通車自由席が1日間乗り降り自由となる「青春18きっぷ」です。例年2月に春季・夏季・冬季の年3回の発売が発表されますが、2019年度も前年と同じ利用条件・料金での設定となりました。

【写真】小海線小淵沢駅付近の車窓

今年も奥津軽いまべつ~木古内間で北海道新幹線が利用できる「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」が発売されますので、青函トンネルをくぐり抜けて北海道への汽車旅も楽しめます。

年齢制限なく誰でも自由に利用できるおトクなフリーきっぷですので、週末の日帰り旅や旅行先での移動、東京駅から新山口駅まで2,370円(片道の普通運賃は12,640円)で行くハードな1日列車旅など、いろいろな楽しみ方ができます。

今回は「青春18きっぷ」の基本の「き」から、楽しい旅のモデルルートまでをご紹介します。春季の利用期間は3月1日から4月10日までですので、この機会におトクな旅を楽しんでみませんか。

「青春18きっぷ」の基本の「き」

きっぷの名称から若者向けと思う方がいますが、実は年齢制限もなく誰でも利用できるのが「青春18きっぷ」です。若者が手軽に旅に出られるようにという思いから、当時の国鉄が発売したのがはじまりで、国鉄分割民営化後も「青春18きっぷ」として発売が継続されています。

例年2月に1年間の発売予定・利用条件・価格などが発表されますが、新幹線並行路線の第三セクター化や普通列車の削減などで利用条件が変わることがあります。なお、今回は前年と同じ条件・価格での発売となります。

利用路線・列車

全国のJR線の快速・普通列車の普通車自由席、BRT(バス高速輸送システム)、JR西日本宮島フェリーが乗り降り自由になります。快速・普通列車の普通車指定席やグリーン車自由席は、別に指定席券・グリーン券を購入すれば利用可能となります。

なお、奥羽本線新青森~青森間・石勝線新得~新夕張間の特例区間内相互発着の場合、佐世保線早岐~佐世保間・宮崎空港線宮崎~宮崎空港間に限り特急列車の普通車自由席が利用できます。

1/4ページ

最終更新:3/18(月) 15:08
MONEY PLUS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ