ここから本文です

ロバート秋山、新キャラは“佐賀生まれの歌姫” 低音ボイス披露で会場沸かす【動画付き】

3/14(木) 19:41配信

オリコン

(C)ORICON NewS inc.

 お笑いトリオ・ロバートの秋山竜次が14日、都内で行われた『佐賀県×ロバート秋山のクリエイターズ・ファイル』コラボ記念イベントに出席。新キャラのR&Bシンガー・UMBRELLA(アンブレラ)に扮して登場した秋山は、終始なりきって笑わせた。

 UMBRELLAは佐賀県生まれの“-(マイナス)7オクターブの歌姫”と言われ、地をはうような低音が魅力で、若者に絶大な人気を誇る。この日はライブも行われ「よくメディアなどでマイナス7オクターブの音域と書いていただいてます。自信をもって言います。本当に佐賀が私の喉を強くしてくれました」と低音の歌声を出せる秘訣を明かした。

 また、この日は佐賀の山口祥義知事も登場。佐賀の特産物を紹介することになったが、きょうがホワイトデーということで山口知事が女性MCに突然、フェイスマスクをプレゼント。それを見た秋山が「やめてください、こんなところで」とつっこみ、「東京に来てハメ外すのやめてください」と会場の笑いを誘っていた。

 「クリエイターズ・ファイル」は、秋山がさまざまなクリエイターに扮する人気企画。今回は佐賀が情報発信による地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環としてコラボレーション。UMBRELLAに扮した秋山が佐賀の思い出の地をめぐり、県民とふれあう様子が描かれている動画が7日より公開されている。

最終更新:3/14(木) 19:41
オリコン

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事