ここから本文です

バド奥原希望選手 スポンサー企業訪問/埼玉県

3/14(木) 21:48配信

テレ玉

リオデジャネイロオリンピックバドミントン女子シングルスで銅メダルを獲得し、ことし1月にプロに転向した大宮東高校出身の奥原希望選手がスポンサー企業を初めて訪れ、来年の東京オリンピックに向け意気込みを語りました。

スポンサー企業の化学メーカー・太陽ホールディングスの事業所を訪れた奥原選手は集まったおよそ110人の社員の大きな拍手に迎えられました。

奥原選手は「居心地がいい」と初めて訪れた会社の印象を笑顔で答え、2016年のリオ五輪で獲得した銅メダルを披露しました。そして、大会を振り返り「悔しい思いでいっぱい。東京大会で頂点に立ちたいという思いをサポートしてくれた皆さんに感謝します」と挨拶しました。

この後、13日24歳の誕生日を迎えたという奥原選手にバースデーケーキがサプライズでプレゼントされました。そして来年に迫った東京オリンピックに向け奥原選手が意気込みを語りました。

最終更新:3/14(木) 21:48
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事