ここから本文です

パイロテックジャパン、脱ガス装置など受注好調

3/14(木) 13:17配信

日刊産業新聞

 脱ガス装置やフラックスなどの製造販売を手掛ける米パイロテックの日本法人・パイロテックジャパン(本社=神戸市中央区、高見敏之社長)は、主力の脱ガス装置やセラミック製RFMラドル、ABB社製分析器などの受注が好調に推移しており、2019年6月期の売上高で前期比10%以上のプラスを見込む。「上期だけで15%以上伸びた。下期に大きな下振れ要因もなく、このまま高い水準を維持できそうだ」(高見社長)。

最終更新:3/14(木) 13:17
日刊産業新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事