ここから本文です

広島長野が右足死球受け退場「心配だね」緒方監督

3/14(木) 20:10配信

日刊スポーツ

<オープン戦:オリックス2-3広島>◇14日◇大阪シティ信用金庫スタジアム

広島長野久義外野手(34)が14日オリックス戦(大阪シティ信用金庫スタジアム)の9回、右足に死球を受け途中退場した。駆けつけたトレーナーに付き添われて一塁まで歩いたが、代走を送られ、ゆっくりと自分の足で三塁側ベンチに戻った。ベンチ裏でアイシングを受け、怒りを抑えた表情のまま、歩いて迎えのバスに乗り込んだ。15日以降は様子を見て決める。

【写真】死球を受け一塁へ歩く長野

開幕まで2週間という時期だけに、今後への影響が懸念される。キャンプから慎重に調整を進め、今月12日の日本ハム戦で初めて左翼の守備位置に就いたばかり。13日の同カードで中堅も守ったが、この日は代打からDHとなっていた。緒方孝市監督は「ちょっと心配だね。当たりどころが悪かったから」と話した。左翼、中堅のレギュラー候補だが、状況次第で開幕に間に合わない可能性もある。今季構想の練り直しを迫られる可能性も出てきた。

最終更新:3/14(木) 21:12
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事