ここから本文です

中島イシレリ、W杯へプロップ1本で勝負 ジョセフ日本代表候補

3/15(金) 6:12配信

スポーツ報知

 ラグビー日本代表候補の中島イシレリ(29)=神戸製鋼=が、プロップ1本で勝負する。沖縄合宿4日目の14日午後、スクラム練習で最前列に入った。前方から相手、後方から味方の圧力を受け「(潰される)缶みたい」になりながら、長谷川慎スクラムコーチの下で汗をしたたらせた。

 本職はフランカーだが、高校時代にプロップ経験があり、昨季は公式戦2試合で最前列を務めた。ジェイミー・ジョセフ・ヘッドコーチ(HC、49)から「W杯メンバーに入るためには1番(左プロップ)に集中してくれ」と指示され「いろいろできた方がいい」と意欲的に取り組む。この合宿では朝6時30分から特別メニューのウェートが入り、苦手の走る練習も多い。ホテルから故郷トンガに似たビーチを見ても海に入っても気分転換にはならず、楽しみは「ご飯」だけ。好物の沖縄料理ラフテー(豚の角煮)を励みに厳しい練習に耐え、代表の「1番」をつかむ。

 ◆中島 イシレリ(なかじま・いしれり)1989年7月9日、トンガ生まれ。29歳。リアホナ高卒業後、流通経大に入学。NECを経て2015年に神戸製鋼入り。18年11月のニュージーランド戦で日本代表デビュー。14年4月に日本人女性と結婚し15年8月に日本国籍取得。188センチ、120キロ。足のサイズは32センチ。

最終更新:3/16(土) 7:49
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事