ここから本文です

永野芽郁、北村匠海からの感謝の手紙に涙腺崩壊「この光景、ずっと忘れない」

3/15(金) 19:33配信

映画.com

 [映画.com ニュース]第23回電撃小説大賞(KADOKAWA)で大賞に輝いた佐野徹夜氏のデビュー作を映画化した「君は月夜に光り輝く」が3月15日、全国299スクリーンで公開初日を迎え、ダブル主演の永野芽郁と北村匠海をはじめ共演の甲斐翔真、メガホンをとった月川翔監督が東京・TOHOシネマズ日比谷での舞台挨拶に出席した。

【フォトギャラリー】そのほかの画像

 不治の病“発光病”により余命わずかの高校生・まみず(永野)が、願いを代わりに実行してもらう“代行体験”を同級生の卓也(北村)に依頼し、交流していく姿を描いた感動作。永野は「自分が出ているのに、こんなにも心が温かくなったり、泣けたり。そんな作品が、いつか皆さんのもとに届くんだと思っていたら、そんな日が突然来た感覚があります」と実感がない様子だが、「この映画を見終わったあと、悲しい気持ちになっていないと思うんです。撮っているときも、初めて見たときも、私は悲しいよりも嬉しいのほうが強くて。スタッフさんみんなが『命が輝く映画を撮るんだ』と。幸せな温かい涙があふれる映画が作れたと思っています」と明かす。「また10年後に、みんなで一緒に映画を作れるように……」と願いを込めると、北村は「アクション映画でも作りましょうか」と優しくほほ笑みを投げかけていた。

 また、登壇陣には「人生を変えた出会いは?」との質問が。北村は「寺尾聰さんですね。ドラマで一緒になって」と切り出し、「先生対生徒という役でしたが、撮影の合間、本当の先生みたいにいろんなことを話してくれた。『俺もお前も同じスタートラインだ。エンドロールに芸歴は載らない。全員がヨーイドンで一歩目を踏み出す。輝きたいなら、人一倍頑張らなきゃダメだ』。僕のなかに残っている言葉です」としみじみと語る。永野は「スカウトマンの人。小学校3年生の夏、吉祥寺のアーケードの靴屋さんで、お母さんと運動会で履く靴を選んでいたんです。『瞬足が良いかな~』とか。そこで声をかけてくれなかったら、私はここにいない。全く違う人生を歩んでいたと真剣に思います。ありがとうございます、スカウトしてくれて」と目を細め、これに北村は「絶対に瞬足が良い。コーナーでめっちゃ曲がるから」とつぶやいていた。

 さらにこの日は、北村から「撮影最終日に、軽く『手紙書くわ~』と言ったけど、本当に書いてきました」と、永野へサプライズの手紙が。永野は「え、待って! ほんとやだ、こういうの」と後ずさりし、「泣いちゃう。スタッフさんもみんなも知ってたの? うわ、頷いてる!」とパニック状態だ。

 便箋には「現場では芽郁ちゃんが太陽で、僕が月。芽郁ちゃんがいれば空気が変わるし、笑顔や涙であふれる」「至極大人の考えを持っているのに、まだ19歳。さらにさらに人を魅了する女優になっていくのが、楽しみで仕方ありません。また映画やろうね」など、3枚にわたって感謝が綴られていた。読み上げられる間、永野は報道陣のカメラに映らないよう両手で顔を隠し、「もう泣いている顔を撮られるの嫌なの!」と悲鳴をあげる。北村から差し出されたハンカチを借り、目元をひっきりなしに拭うと、サイリウムの光でイエローゴールドに染まった客席を眺めながら「この光景、ずっと忘れない。すごく温かい気持ちです」と感激の声を漏らしていた。

最終更新:3/15(金) 19:33
映画.com

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事