ここから本文です

FacebookのザッカーバーグCEOの片腕、コックス氏が退社 「方向転換を楽しめるリーダーが必要」

3/15(金) 7:52配信

ITmedia NEWS

 米Facebookは3月14日(現地時間)、“Facebookファミリー”サービスを統括しているクリス・コックスCPO(最高製品責任者)と、ソーシャルサービスWhatsAppの責任者、クリス・ダニエルズ氏が退社すると発表した。

フィジー・シモ氏

 コックス氏はFacebookに13年前に入社したベテラン。マーク・ザッカーバーグ氏が最も信頼する幹部の1人だった。退社の理由は説明されていないが、コックス氏は自身のFacebook投稿で、「マーク(ザッカーバーグ氏)が説明したように、われわれは製品の方向性で新たなページを開いた。(中略)これは大規模なプロジェクトになる。われわれには、新しい方向性にわくわくできるようなリーダーが必要だ」と語っており、ザッカーバーグ氏が6日に発表した方向転換に自身はわくわくできないことを示した。

 コックス氏は、Facebookが最近“Facebookファミリー”と呼ぶようになったFacebook、Instagram、Facebook Messenger、WhatsAppのすべてを統括する責任者を務めていた。

 ザッカーバーグ氏は発表文で、コックス氏に感謝の言葉を述べ、同氏の後任はすぐには指名せず、当面は各サービスのトップを自身の直属にすると語った。

 クリス・ダニエルズ氏は、WhatsAppの創業者、ジャン・コウム氏が退社した際に同サービスの責任者になった。同氏の退社についてザッカーバーグ氏は「この新しい章に着手するに当たり、クリス・ダニエルズも退社を決意した」としている。

 ダニエルズ氏の後任には、製品管理担当副社長のウィル・キャスカート氏が就任する。キャスカート氏は米Googleでプロダクトマネジャーを務めた後、2010年にFacebookに入社し、Facebookアプリの責任者を務めてきた。

 ダニエルズ氏の後任にはフィジー・シモ氏が就任する。同氏はこれまで、動画、ゲーム、マネタイズの責任者だった。

 製品やサービスのトップは全員がザッカーバーグ氏の直属になるが、マーケティング責任者のアントニオ・ルシオCMOはシェリル・サンドバーグCOO(最高執行責任者)直属になる。

ITmedia NEWS

最終更新:3/15(金) 7:52
ITmedia NEWS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事

Yahoo!ニュースからのお知らせ