ここから本文です

「マローボーン家の掟」監督がミア・ゴス、アニヤ・テイラー=ジョイの魅力語る

3/15(金) 20:00配信

映画ナタリー

「永遠のこどもたち」「インポッシブル」で脚本を手がけたセルヒオ・G・サンチェスの初監督作「マローボーン家の掟」の新場面写真が到着した。

【動画】「マローボーン家の掟」予告編(メディアギャラリー他13件)

「ジュラシック・ワールド/炎の王国」の監督J・A・バヨナが製作総指揮を務めた本作は、森の中に佇む屋敷で5つの掟に従いながら生きる4人兄妹を描いたスリラー。心優しい母を病気で失った彼らが殺人鬼である父親を殺害したことを機に、屋敷に隠された恐ろしい秘密が浮かび上がっていく。

場面写真は、マローボーン家の長女ジェーンを演じたミア・ゴス、兄妹が引っ越し先で出会う少女アリー役のアニヤ・テイラー=ジョイの姿が収められたもの。サンチェスは、優しくもどこか影のある役どころを繊細に演じたゴスを「映画の中に生きているんだ。ジェーンを演じているとき、ミアはどこにもいない。ミアに技術的なことを要求したり、彼女が見せかけの演技をしなくてはならなくなったら映画が台なしになってしまうんだ」と語る。

またサンチェスは、テイラー=ジョイについて「年齢のわりに大人だ。まだ(撮影時)20歳だなんて信じられないということがよくあった」とコメント。「彼女には驚くほどの才能と美しい声があり、カメラ映りも素晴らしい。気持ちの切り替えが早く、何事も全力で経験しようとする。あまりに一生懸命で、けがをするんじゃないかとハラハラしたよ」と褒めたたえた。

「マローボーン家の掟」は、4月12日より東京・新宿バルト9ほか全国でロードショー。



(c)2017 MARROWBONE, SLU; TELECINCO CINEMA, SAU; RUIDOS EN EL ATICO, AIE. All rights reserved.

最終更新:3/15(金) 20:00
映画ナタリー

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事