ここから本文です

外出先でもスマホから自宅PCのゲームが遊べる「Steam Link Anyware」

3/15(金) 19:06配信

Impress Watch

 米Valveは15日、ゲームストリーミング用のクライアントデバイス「Steam Link」のベータビルド688を公開し、新機能「Steam Link Anywhere」のサポートを追加した。

 Steam Link Anywhereは、ホスト側のゲーミングPCとクライアント側デバイスが、同一LAN上でないと動作しなかった従来のSteam Linkと異なり、同一LANの制限が撤廃され、高速なネットワーク環境さえあれば、どこからでも利用可能となっている。

 すでにアーリーベータとして機能が提供されており、ホストPCには3月13日以降に配信されたベータ版Steamクライアントのインストールが必要。Android向けのSteam Linkアプリも機能に対応している。

 似たようなサービスとして、Microsoftが発表した「Project xCloud」のような、クラウドゲーミングサービスがあるが、クラウドゲーミングの場合、クラウド上のサーバーでゲームが動作するのに対し、Steam Linkの場合は、あくまで自身の所有するゲーミングPCでゲームを動かし、クライアントデバイスへ映像を転送するという仕組みのため、データ通信料(とPCを動かす電気代)以外のコストが掛からない点が異なる。

 日々の生活でゲームプレイ時間が足りず、Steamライブラリにゲームが積み上がっている“スチーマー”には、待望の機能と言えそうだ。

PC Watch,佐藤 岳大

最終更新:3/15(金) 19:06
Impress Watch

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事