ここから本文です

生島ヒロシが純烈の新メンバーに名乗り「名誉コーラスということで」

3/15(金) 20:45配信

スポーツ報知

 4人組として再スタートした歌謡コーラスグループ・純烈が15日、千葉・幕張メッセで「JAPANドラッグストアショー 第1回Men’s Beauty アワード」の表彰式に参加した。

 表彰式前にミニライブを行い、観客の変わらぬ声援にリーダーの酒井一圭(43)は「ファンの皆さんにもご迷惑をかけました。これにめげず、4人体制でも紅白に復帰して、もう心配いらないなというところまで頑張っていきたい」と意気込んだ。

 1月に振り付け担当だったメンバーの友井雄亮(38)の脱退により、4人体制になったが、5月15日には新体制となって初の新曲「純烈のハッピーバースデー」が発売される。酒井は「4人になってからのハッピーバースデーではなくて、お客様の誕生日を祝う曲です。振り付けがいなくて大変なのですが、今(ほかの人物に)オファーをかけているところで、もしOKをいただけたら、ハッピーなお知らせができると思います」と報告し、2年連続NHK紅白歌合戦の出場に意欲を見せた。

 同イベントの司会を担当したフリーアナウンサーの生島ヒロシ(68)が「ひとり席が空いているじゃないですか。名誉コーラスということでいかがですかね」と純烈入りを熱望。リーダーが「声のプロフェッショナル、司会もできるので、いつでも来ていただけたら。ただ、ギャラは5等分ですから」とくぎを刺したが、生島はすぐさま「5人目の純烈、ヒロシです」と宣言。観客と握手するパフォーマンスで会場を沸かせた。

最終更新:3/16(土) 23:18
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事