ここから本文です

【BCリーグ】富山・二岡新監督、初陣は白星

3/16(土) 7:03配信

スポーツ報知

◆オープン戦 石川4―15富山=降雨8回コールド=(15日、金沢市民野球場)

 BCリーグ・オープン戦が15日開幕し、富山GRNサンダーバーズは、15―4(8回降雨コールド)で石川ミリオンスターズに快勝。元巨人の二岡智宏新監督(42)が白星スタートを切った。6回には7安打、4四死球などで一気に12得点。二岡監督は「野手は守備、打撃で積極的に出来ていた。5回の守備でつよし(藤原強史)のいいプレーが出て、ビッグイニングにつながった」と振り返った。

 試合が始まると、指揮官自ら一塁コーチャーズボックスに入り、サインや走塁のアドバイスを送った。ボックスに入るのは2016年の巨人2軍打撃コーチ時代以来。「状況に応じた走塁は、サードよりファーストの方が難しい」。リードの距離などを細かく指示しながら、チームを鼓舞した。

 「今後は三塁コーチ、ベンチにいるかもしれない。選手の一番プレーしやすい位置を考えています」と二岡監督。試行錯誤しながら指導と指揮の両立を目指す。(中田 康博)

最終更新:3/17(日) 23:31
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事