ここから本文です

西武ドラ7佐藤&楽天ドラ8鈴木、対戦が楽しみ…富士大卒業式 

3/16(土) 7:04配信

スポーツ報知

 富士大の卒業式が15日、花巻市内で行われ、西武ドラフト7位の佐藤龍世内野手(22)と楽天ドラフト8位左腕の鈴木翔天(そら)投手(22)が出席。プロ入りが評価され、学長特別表彰を受けた2人は球界での飛躍を誓った。

 “第2の故郷”で、4年間ともにした仲間と笑顔で別れの時を迎えた。佐藤は1泊2日、鈴木は日帰りでチームに戻る強行軍での卒業式。花巻は14日に雪が降り、佐藤は「(西武では)ずっと半袖だったのですごく寒い」と苦笑いしたが「富士大での4年間がなければ今の自分はない」と感謝すれば、鈴木も「(3年時に)完全試合できたのが一番の思い出。プロでも自覚を持って、将来的に球界を代表する投手になりたい」と決意を語った。

 1軍キャンプも経験し、主力候補として順調に調整を続けている。佐藤は西武、鈴木は楽天と同じパ・リーグだけに、直接対決も待ち遠しいが、佐藤は「自分が嫌なボールは全部ばれているので不利ですけど、対戦したらやっぱり打ちたい」と力を込めると鈴木も「質を上げて驚かせたい」と決意。球場で再会することを約束して、所属チームへ戻った。(遠藤 洋之)

最終更新:3/17(日) 22:09
スポーツ報知

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事