ここから本文です

スリップノットのクリス・フェーン、バンド・メイトを訴える

3/15(金) 12:36配信

BARKS

『The Blast』は木曜日(3月14日)、スリップノットのクリス・フェーン(パーカッション)が金銭トラブルによりバンド・メイトに対し訴訟を起こしたと報じた。

◆スリップノット画像

『The Blast』によると、フェーンは、スリップノットのツアーとマーチャンダイズの収益は1つの会社に集められ、その後、メンバーに分配されると聞いていたが、最近、他のメンバーたちがいくつかの関連企業を設立しており、徴収しているようだと知ったという。彼はこれら別会社の存在を知らず、そこから一銭も受け取っていないと主張し、とくにリーダーのショーン・クラハンとフロントマンのコリィ・テイラーを非難しているという。

テイラーはこの報道に関し、「君らは今日、多くのたわ言を読むことになるだろう。俺が言うのはこれだけだ。真実が明らかになるまで待て。ザ・ノット、万歳」とツイートしている。クラハンおよびバンド側からまだコメントはない。

スリップノットは6月初めから新ツアーを開始する。年内はニュー・アルバムのリリースも予定されている。

Ako Suzuki

最終更新:3/15(金) 12:36
BARKS

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事