ここから本文です

阪神矢野監督に感謝状/サンキュー基金が3900万円に到達「阪神は優勝しますんで!」

3/15(金) 19:27配信

サンケイスポーツ

 阪神・矢野監督が15日、兵庫・西宮市内の甲子園球場で行われた全体練習前に、うれしい贈り物を受け取った。現役時代の2010年から続けている、難病の筋ジストロフィーの患者や児童養護施設への支援活動「39(サンキュー)矢野基金」での支援金総額が3900万円に到達。「社会福祉法人大阪府社会福祉協議会」から感謝状が、支援金で車いすを購入した高校生からは手紙を贈呈された。矢野監督は現役時代背番号「39」だった。

 「先頭に立って旗を振ることで病気のことを知ってもらったり、養護施設の子供たちのことを知ってもらった。僕も頑張る力をもらえた。2019年、阪神は優勝しますんで! 皆さんと喜びたいと思います」と優勝で恩返しすることを誓った。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事