ここから本文です

大阪市の地下に多くの空洞、“大動脈”御堂筋に集中!?

3/15(金) 17:00配信

MBSニュース

大都市に開いた“穴”といえば、2016年に起きた福岡の博多駅前の陥没事故が記憶に新しいところですが、大阪市内でも地下に“空洞”があり、毎年60か所ほどが発見されているということです。地下の状況は、いったいどうなっているのでしょうか?

年平均60か所の空洞を発見

大阪市の職員が示した地図。市内の主要な道路などに空洞を示す丸印が数多く記されています。いったい、どれだけ見つかっているのでしょうか?

「年度ごとにばらつきはありますが、年間で平均60か所の空洞が発見されています。2011年度から2018年度までの8年間で440か所程度」(大阪市建設局道路課 初鹿将司係長)

東淀川区の幹線道路では、アスファルトをめくると、縦1.4メートル×横1.2メートル×深さ約1メートルの空洞ができていました。この現象は、大阪に限ったことではありません。

東京の都心、千代田区の路上で見つかったぽっかりとあいた穴は、縦1.6メートル×横1.2メートル×深さは1メートルありました。調査会社によりますと、東京23区内ではざっと1万個の空洞が道路の下にあるのだといいます。この空洞を見つけ出すのが、『スケルカ―』と名付けられた車両です。マイクロ波を地中に照射し、走行したまま空洞を見つけ出すことができます。大阪市も、このスケルカ―で毎年30キロの区間を調査しているといいます。

地震で陥没の危険も

なぜ、空洞は発生するのか?地中の土砂の動きを研究する東京大学の桑野玲子教授は、水道管の老朽化や地下鉄などのインフラの影響があると分析します。

「地下鉄とか地下構造物の横の埋め戻し土は、何もないところに比べると空洞ができやすいという傾向が確認されています。地下の大きな構造物があった時には、水がその周りを走ってしまって空洞ができやすくなってしまったりする」(東京大学・都市基盤安全工学国際研究センター 桑野玲子教授)

去年9月に発生した北海道の胆振東部地震では、札幌市内の地下鉄の上を走る道路が4キロにわたって大きく陥没し、通行できなくなりました。

「札幌でも仙台でも、東日本大震災の時に地下鉄わき(の土砂)が連続して落ちた。地下鉄のわきの部分は沈下しやすかったり空洞ができやすい性質を持っていますから、地震が起きるとその部分が大きく損傷して沈下しやすい」(桑野玲子教授)

1/2ページ

最終更新:3/15(金) 17:00
MBSニュース

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事