ここから本文です

“ゾウ好き”西島秀俊、バートン監督に“ダンボ”おねだり

3/15(金) 0:55配信

MusicVoice

 西島秀俊が14日、都内でおこなわれた、ディズニー映画『ダンボ』(3月29日公開)ジャパン・プレミアイベントに登場。ホルトの日本語吹替版声優を務める西島は、ホルト役のコリン・ファレル、ティム・バートン監督とレッドカーペットを歩いた。

【写真】イベントのもよう

 『チャーリーとチョコレート工場』『アリス・イン・ワンダーランド』のバートン監督が“新たな物語”として実写化する『ダンボ』。サーカス団の笑いものだったが、やがてその耳を翼にして空を飛ぶようになった小象のダンボが、金儲けを企む興行師によって引き離された母像の救出に挑むファンタジー・アドベンチャー。

 ダンボの世話係を務めるサーカスの元看板スター、ホルト役はファレル。その日本語吹替版声優を務めるのは西島。また、日本版エンドソング「ベイビー・マイン」を歌うのは、竹内まりや。竹内は日本語歌詞を監修した。

 この日はレッドカーペットを歩き、国内外のテレビクルーやファンの声援に応えた3人。西島は「バートン監督の最新作を、ファンの皆さんが楽しみにしていたことを今日改めて実感しました。熱気を感じています。皆さんが想像している以上に良い作品になっています」。ファレルも「温かい歓迎ありがとう」と感謝した。

 バートン監督のファンで、なおかつゾウ好きの西島。家にはゾウグッズがたくさんあり、監督に、この日登場したダンボ像を指して「Can I Take?」(もらっていいですか?)とおねだりする場面も。

 また、吹き替えではファレルの息遣いまで緻密に再現したと語り「(ファレルが)どれだけ繊細に丁寧に演じていたのかということを、体と声を通して体験できた。本当に素晴らしいホルトを演じていた」と称えた。

 映画の見どころについて西島は「監督の作品は登場人物の個性が強く浮き立つものが多い。でもその個性で幸せにしていく。それがテーマにあって僕自身が勇気づけられることもあるし、皆さんも作品を見て映画館を出るときに勇気づけられて自分らしく生きていこうと思えると思う」。

 一方、作品を通して伝えたかったものとしては、ファレルは「作品の中心には美しい心がある。違うことを認めることの美しさを伝えている」、監督は「空を飛ぶ像は他とは違う。でも違うところを強みにしている。作品を通して単純な感情を伝えたかった。この世の中は複雑なのでダンボを通じて伝えたかった」と語った。

最終更新:3/15(金) 0:55
MusicVoice

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事