ここから本文です

今日豪州GP開幕。2019年のF1はどうなる?!トップ3争い?見るべきポイントは

3/15(金) 5:00配信

THE PAGE

 いよいよ、今日、3月15日から、2019年のF1シーズンがオーストラリアのメルボルンでスタートする。
 今年の開幕戦は例年以上に、エキサイティングなレースが予想されている。その理由は、2月下旬から3月上旬にかけて行われたプレシーズンテストで、フェラーリが好調だったからだ。

 近年のF1は、メルセデスが2014年から5連覇し、最強チームの名をほしいままにしている。そのメルセデスのエースで、昨年の覇者であるルイス・ハミルトンは歴代2位となる5度目の王者に輝き、敵なしといった状況が続いていた。

 ところが、そのメルセデスにプレシーズンテストで待ったをかけたのが、フェラーリだった。テスト初日にフェラーリのエース、セバスチャン・ベッテルがいきなりトップタイムをマークすると、2日目には新加入のシャルル・ルクレールもトップタイムを連発。テスト最終日には、ベッテルが8日間のテストで最速となる1分16秒221を叩き出して、最高の形でテストを締めくくった。

 テストでフェラーリが好調だったのは、今年から導入されたレギュレーションへの対応が適切だったからだ。新しいレギュレーションではフロントウイングなどいくつかの空力パーツが昨年から変更されている。そのため、多くのチームが失われたダウンフォースをいかに取り戻すのかに頭を悩ませていた。
 そんな中、フェラーリはユニークなアイディアをフロントウイングのデザインに採り入れて、ライバルをリード。王者メルセデスも後半のテストから、マシンのデザインを大きく変更してきたが、フェラーリをとらえるまでには至らなかった。

 テストが終了してから、開幕戦までは2週間。F1マシンは分進日歩で開発が行われており、どのチームも開幕戦には新しいパーツを投入する。果たして、アップデートされたフェラーリとメルセデスのマシンが、開幕戦が行われるメルボルンのアルバートパーク・サーキットでどんな走りを披露するのか。開幕戦の勝敗はタイトルの行方を大きく左右するだけに、両チームのパフォーマンスが注目される。

1/2ページ

最終更新:3/15(金) 5:00
THE PAGE

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事