ここから本文です

検討20年 広島駅南口整備の全貌明らかに ホテルや映画館入る20階建て駅ビルも

3/15(金) 19:33配信

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

再開発が進む広島駅南口。ホテルや映画館が入る20階建てビルなど新たな整備方針が発表されました。まちづくりにも勢いがつきそうです。

市民はもちろん国内外から多くの観光客も利用する広島駅。その「表玄関」の2025年、6年後の姿が明らかになりました。
路面電車やバス、タクシーなどが乗り入れ渋滞も起きていた広島駅南口広場。路面電車が2階部分へ乗り入れることになりました。乗降場も増え、渋滞緩和が期待されます。
また、現在の「ASSE」は来年3月末に閉館し20階建ての新たな駅ビルに。ショッピングセンターや映画館、ホテルも入ります。
路面電車は駅前大橋を経由するルートに変更。紙屋町・八丁堀地区と広島駅前をより早くつなぎ一体感を作るねらいです。
開業は2025年春の予定ー。検討が始まって20年、広島駅南口の再開発はついにゴールを迎えることになります。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事