ここから本文です

埼玉県立大学で卒業式・修了式/埼玉県

3/15(金) 18:45配信

テレ玉

医療や福祉の学科を置く越谷市の埼玉県立大学で15日、卒業式と修了式が行われ、およそ430人が巣立っていきました。

15日の式には、看護学科や健康開発学科など5つの学科の卒業生と大学院の修了生がスーツや袴姿などで出席し、学科の代表者が、萱場一則学長から卒業証書や修了証書にあたる「学位記」を受け取りました。そして、萱場学長は、「自身の能力の向上をはかるとともに、社会の発展に寄与し、それぞれの分野で独創的な未来を築いていただきたい」と卒業生の今後の活躍を期待しました。

これを受け、卒業生を代表して作業療法学科の菊地ほのかさんは、「それぞれの分野で活躍することで、今まで以上に良い刺激を与え合う存在になりたい」と話しました。このあと、卒業生は、教員と在校生の合唱で見送られ、記念写真を撮るなどして4年間をともに過ごした仲間たちとの別れを惜しみながら、学生生活を締めくくっていました。

最終更新:3/15(金) 18:45
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事