ここから本文です

広島高速5号線 工事費増額問題で第三者委が終了へ

3/15(金) 19:39配信

HOME広島ホームテレビ

HOME広島ホームテレビ

広島高速5号線の工事費増額問題で、原因究明のため発足した第三者委員会の審議があす終了します。

トンネル工事費の一部が見積書から除かれたまま契約され、事業費の大幅増額が見込まれたり、トンネルを掘るシールドマシンが破損し工事の中断が続くなど想定外が続いている高速5号線。
公社が設けた第三者委員会は去年11月から非公開で審議を重ねてきましたが、16日、8回目で終了し原因や再発防止をまとめた報告書を公社へ手渡すとしています。
共同事業体=JVとの不可解な契約について、公社やJVの担当者に経緯を聞き取るなどしてきたとみられますが、いくら増額するかも決まっていないだけに結論が注目されそうです。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事