ここから本文です

春休み・ゴールデンウィークは子供が無料~260円で遊べる科学館がおすすめ 東京・名古屋・大阪の科学館を紹介

3/15(金) 12:04配信

マネーの達人

「春休み、あるいはゴールデンウイークに子供をどこに連れていこうか」
と悩んでいるお父さん、お母さんもいるのではないでしょうか?

お出かけすると交通費や外食代などもかかるし、できるなら無料で子供が楽しめるスポットがあるとうれしいです。

さらに、そこで子供が楽しみつつお勉強できたり、学ぶことに興味を持つような体験ができたりすると一石二鳥です。

そんなとき、おすすめなのが科学館です。

科学館と聞くと、何となく堅苦しいイメージがあるかもしれませんが、実は、幼児でもかなり楽しめるさまざまな工夫がしてあります。

子供は遊園地だけが好きなわけではありません。

好奇心のかたまりである子供にとって、科学館は遊園地にも匹敵するくらいのワンダーランドなのです。

今回は、東京・名古屋・大阪の各都市で、子供なら無料もしくは260円で入場でき、しかも、子供が心ゆくまで楽しめる充実した内容の科学館を3つご紹介します。

科学技術館(東京都千代田区北の丸公園2-1)

東京都には有名な国立科学博物館がありますが、科学技術館はそれに比べるとちょっと地味な存在です。

しかし、その分、穴場ともいえ、あまり並ばなくてもいろいろな展示物で遊べたりじっくり見られます。

つまらないスポットなのかと思いきや、行ってみると意外と充実していて子供だけではなく大人も楽しめます。

5Fまである各フロアでは、それぞれさまざまな実験を見ることができ、自分自身が展示物を直にさわって体験できたりするのも子供にとっては興味深いです。

しかも、入場料は子供が4歳~小学生までなら260円、中学・高校生は410円というコスパのよさが魅力です。

大人は720円ですが、65歳以上は610円になるのでおじいちゃん、おばあちゃんが連れていってあげるとさらにお得です。

食事スペースも多く、お弁当持参や飲食持ち込みもできるのでさらに節約できます。

おすすめのイベントを2つ挙げてみましょう。

■1. 科学ライブショー「ユニバース」
毎週土曜日の午後に、第一線で活躍している科学研究者による科学ライブショーが開催されています。

1日2回上演で、定員は62席なので入場希望者は早めに並んでおきましょう。

■2. ドーム投影番組(日曜日から金曜日まで)
直径10mのドームスクリーンを使って、科学関連の映像が、毎日6回上映されています。

そのうち、3回は専用の眼鏡をかけてドーム全体から映像が飛び出してくる立体投影を見られます。

筆者もこの映像が飛び出してくる立体投影を見たことがあるのですが「この入場料でこの映像が見られるなんてぜいたく!」と感動する内容で、周囲の子供たちも喜んでいました。

地味なのに、格安で楽しい体験ができるおすすめの科学館です。

地下鉄の「九段下」駅(東西線・半蔵門線・都営地下鉄新宿線)が最寄り駅です。

1/3ページ

最終更新:3/15(金) 12:04
マネーの達人

あなたにおすすめの記事