ここから本文です

県立大宮光陵高校 書道科展 /埼玉県

3/15(金) 18:33配信

テレ玉

全国で唯一、書道科がある大宮光陵高校の生徒たちが「書」に打ち込んだ成果を披露する作品展がさいたま市浦和区の埼玉会館で始まりました。

大宮光陵高校は1994年に書道科を開設して以降、毎年この作品展を開いていて、今回で25回目を迎えます。会場には、書道科の1年生から3年生、116人の作品191点が展示されています。

こちらの作品は、平安時代の長編物語「源氏物語」のさまざまな場面を絵画化した「源氏物語絵巻」を手本に書き上げたものです。華やかな和紙に仕上げられています。「孫秋生造像記」という石に刻まれた書を手本にした3年生の町田真梨さんの作品。線の力強さと勢いを意識し、墨の濃さや文字の空間などに注意しながらしたためたということです。

「県立大宮光陵高校書道科展」は、3月19日までさいたま市浦和区の埼玉会館で開かれています。

テレ玉

最終更新:3/15(金) 18:33
テレ玉

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事