ここから本文です

居住誘導し都市機能集約 立地適正化計画を改訂

3/15(金) 11:10配信

宮崎日日新聞

 都城市は少子高齢化や人口減を見据え都市構造の見直しを図る「立地適正化計画」(2016年策定)の改訂版を公表した。都市機能や居住などを一定の範囲内に誘導し、ヒト、モノを集約するコンパクトシティー化を目指す計画で、今回新たに住宅などの集約を図る「居住誘導区域」を設定した。市は「目標年次の2040年度へ向けて緩やかな誘導を進めていく。強制ではない」としている。

宮崎日日新聞

最終更新:3/15(金) 11:10
宮崎日日新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事