ここから本文です

ザ・ローリング・ストーンズの大規模企画展が3/15からスタート

3/15(金) 12:30配信

Billboard Japan

 ロックバンドとして世界的人気を誇るザ・ローリング・ストーンズの、バンド史上初となる大規模な企画展【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance】のメディア内覧会が3月14日に行われ、企画展のアンバサダーであるChar、鮎川誠、シシド・カフカが来場した。

その他画像

 この展示はバンド自身のプロデュースによる企画展で、世界主要都市を巡回しているものだが、今回の日本での展示はアジアで唯一とのこと。1800平米の展示空間に500点を超えるアイテムが所狭しと並べられ、ザ・ローリング・ストーンズの結成から歴史を振り返るアート、フィルム、楽器、機材、写真、衣装、パフォーマンス映像など貴重なアーカイブ等、単なる展示に留まらず映像や音声体験も味わえる企画展となっている。

 展示品の中には、初期のリーダーであるブライアン・ジョーンズ、若かりしミック・ジャガーやキース・リチャーズが貧しかった時に共同生活をしていた、ローリング・ストーンズの原点ともいえるアパートであるイーディス・グローヴの再現もされており、当時の空気感が味わえる。また、メンバーの衣装も数多く展示されており、楽曲そのものだけでなくルックスや振る舞いにも気を配っていたことがうかがえる展示となっている。

 さらに、2013年にロンドンのハイドパークで行われたコンサートを3Dで視聴することもできる。ハイドパークでのコンサートはバンドとして44年ぶりに行われたもの。その44年前のコンサートとはザ・ローリング・ストーンズ主催のコンサート【ハイドパーク・フリーコンサート】で、当時の新メンバーであるミック・テイラーのお披露目コンサートとして予定されていた。しかし、本番2日前に元メンバーのブライアン・ジョーンズが急逝し、急遽ジョーンズの追悼コンサートとなったことで有名である。今回の3Dでのライブ映像ももちろんだが、様々な展示品を見たり聴いたりすることで、ザ・ローリング・ストーンズの長い道のりを感じることができるだろう。

 今回の展覧会は2019年3月15日~5月6日までTOC五反田メッセにて開催される。


◎展示情報
【Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 delivered by DHL / official Japan sponsor 才能発掘アプリ Fairchance】
2019年3月15日(金)~5月6日(月・振休)
TOC五反田メッセ
営業時間:11:00~20:00(平日・土・祝前日)、11:00~18:00(日・祝日)
※最終入館時間は終了30分前まで
主催:Exhibitionismーザ・ローリング・ストーンズ展 製作委員会

<入場料(3月15日以降)>
一般 3,500円
学生(中・高・大・専)2,000円
※入場の際に学生証を提示
グループ(10名以上)3,000円
小学生以下入場無料(保護者同伴に限る)
土日祝限定 優先入場チケット
指定日前日まで 3,700円 指定日当日 4,000円
※土日祝限定、11:00-1時間ごとに時間指定
VIPチケット 8,800円
※期間中いつでも2回入場可、優先入場/VIPパス付き
※VIPパスは当日窓口にて配布
※シリアルナンバー入り

このチケットでしか手に入らない日本オリジナルグッズ付きチケット
A :トートバック付き 入場チケット 5,500円
B :ピンバッジセット付き 入場チケット 13,500円
※会場での販売はなし。グッズは当日窓口にて配布

最終更新:3/15(金) 12:30
Billboard Japan

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事