ここから本文です

「恋愛経験のない開発者」が作った恋愛アドベンチャーゲーム? ある中国の作品が大絶賛、英語圏ゲーマーが作者を応援

3/15(金) 19:10配信

電ファミニコゲーマー

 Steamで2月28日にリリースされた恋愛アドベンチャーゲーム『Tiny Snow』は、中国語しかサポートしていないにもかかわらず、英語圏のユーザーから非常に高い評価を受けている。英語圏からのレビューは多くがサムズアップでおすすめしているが、プレイ時間はほとんどが0.1時間で、ほとんど遊んでいない。そして多くのレビューには「私は中国語が読めないが……」と書かれている。

【この記事に関連するほかの画像を見る】

 なぜこのゲームは中国語を読めないプレイヤーがほとんどであろう英語圏から絶賛されているのか。それは中国語で投稿されたレビューに寄せられた作者であるチャーハン(炒饭)氏の書き込みを、海外フォーラムRedditのとあるスレッドが取り上げ、奇妙なコミュニケーションの誤りが起きたことに起因している。

 このやり取りはまず中国メディア3DMGAMEなどが報じ、それを見たあるRedditユーザーが英語に翻訳してこのニュースを投稿した。そのニュース内容とは、ゲームを評価しながらも恋愛部分のプロットが弱いことを指摘するレビューに対し、チャーハン氏が「厳密に言えば、私は……ええと……経験がないので、愛の部分は(クオリティが)低いです。」と答えているというもの。

 つまり「恋愛経験のない開発者による恋愛アドベンチャーゲーム」という、なんとも物悲しい背景は英語圏へとまたたく間に伝わり、中国語が読めずゲームがプレイできないはずの多くのRedditユーザーから注目を集めることになったのである。

 記事執筆時点でレビューは約400件、高評価のレビューはRedditで話題になった12日以降に急増している。それ以前のレビューも基本的に評価は高いが、12日以降により多くの高評価レビューが投稿されていることがわかる。

 これを受けてチャーハン氏も感謝のメッセージを投稿している。ただし、英語圏に伝わっている“悲惨な状況”は、実は翻訳の問題によて誇張されているものだとも伝えており、自分はミゼラブル(惨めな奴)ではないと英語で説明した。また、ゲーム開発者としてこのような高評価はやはり思うところもあるようで、できれば自分への同情ではなく作品を愛してほしいとまとめている。

 しかし、氏が投稿したメッセージで「経験がない」と中国語で言っているのは事実であり、はたして彼が照れ隠しでそう言ってるのか、本当に翻訳の誇張が問題だったのかは気になるところだ。あるいは、『Tiny Snow』ははいわゆる「百合ゲー」であり、男性であるチャーハン氏はふたりのような愛を経験したことがなかったと伝えたかったが、言葉足らずだったのかもしれない。

 「恋愛経験のない開発者による恋愛ゲーム」という思わぬ形で有名となった『Tiny Snow』だが、翻訳されたゲームの概要を読むなどして、実際に作品に興味を持つプレイヤーが増えつつある。

 実際に『Tiny Snow』は、遺伝子操作と薬剤により、ひとりの相手だけを愛し続けることができるようになった未来が舞台という、凝った設定の作品となっている。ある最低の男と恋愛関係になった主人公の小雪は、その経験から恋愛に対して強い嫌悪感を抱くようになった。そんな主人公は、誰かひとりだけを愛し続けるように治療を受けた少女の小茸とともに暮らすようになる。小茸は治療を受けたため、主人公にどんなに傷つけられようとも愛し続ける。自由意志とは何かを探る、深いテーマを持つゲームである。

 翻訳を求めるSteamフォーラムのスレッドは、中国語圏以外のユーザーで賑わっている。コミュニケーションの誤りが、思わぬプロモーション効果を生むことになった例だ。

ライター/古嶋 誉幸

電ファミニコゲーマー:古嶋 誉幸

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事