ここから本文です

政活費9万8243円を返還 富山市議会自民党会派 浦田元市議13年度分

3/15(金) 1:01配信

北日本新聞

 富山市議会の政務活動費不正で、自民党会派は14日、2013年度に支出した政活費のうち9万8243円を返還した。受給していたのは不正で辞職した浦田邦昭氏で、個人の広報誌を会派発行のものとし、印刷代全額を請求していた。当時の運用指針では半額しか認められないため、余分に受け取った分を返した。

 会派などによると、広報誌7500枚の印刷代やはがき2千枚の購入代金などとして、政活費15万7500円を13年10月22日に支出していた。提出された証拠資料は、実際に発行した広報誌と異なる市政報告だった。政活費の半額7万8750円と利息1万9493円を返納した。

 高田重信政調会長は、浦田氏が過去の受給を点検する中で見つけ、伝えてきたと説明。時効が成立した12年度以前についても調べているといい、「返還すべき支出が再び見つかり、市民におわび申し上げたい」と陳謝した。

 これで自民の返還額は計4263万4150円で、他会派を含めると総額6464万4850円になった。

北日本新聞社

最終更新:3/15(金) 1:01
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事