ここから本文です

元自衛官きょう起訴 富山・奥田交番襲撃

3/15(金) 1:05配信

北日本新聞

 富山市の奥田交番襲撃事件で、強盗殺人などの疑いで逮捕、送検された元自衛官の島津慧大(けいた)容疑者(22)=立山町末三賀=の勾留期限が15日に満期を迎える。捜査関係者によると、島津容疑者の精神鑑定を行った鑑定医は刑事責任能力に問題がないと判断しており、富山地検は同日に起訴するとみられる。

 島津容疑者は昨年6月26日、富山中央署奥田交番で、交番所長だった稲泉健一警部補=当時(46)、警視に昇任=を刺殺して拳銃を奪い、近くの富山市奥田小学校の正門付近にいた警備員の中村信一さん=同(68)=を射殺した疑いが持たれている。

 同容疑者は身柄確保時に警察官から発砲を受け負傷。事件当日、中村さんに対する殺人未遂容疑で現行犯逮捕されたが、入院治療のため釈放された。県警は、同容疑者の体調が回復し退院した昨年10月10日に稲泉警部補への強盗殺人容疑などで再逮捕し、同月29日に中村さんへの殺人容疑などでも再逮捕していた。

 地検は昨年11月12日に鑑定留置を開始。約4カ月にわたって刑事責任能力を調べた。

北日本新聞社

最終更新:3/15(金) 1:05
北日本新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事