ここから本文です

JX-ENEOS渡嘉敷来夢×宮澤夕貴 「ビッグになりたい」と口をそろえる2人のMVP(前編)

3/15(金) 18:19配信

バスケットボールキング

JX–ENEOSサンフラワーズの優勝で幕を閉じた第20回Wリーグ。これにより、JX–ENEOSは前人未到の11連覇を達成した。その快挙に大きく貢献したのがレギュラーシーズンMVPの渡嘉敷来夢とプレーオフMVPの宮澤夕貴。
1991年生まれの渡嘉敷は、日本人として3人目となるWNBAプレーヤーで、今シーズンも安定したプレーでけん引。一方、1993年生まれの宮澤は、JX–ENEOS入団後に身に付けた3Pシュートを武器としてオールラウンドに得点を挙げた。
一緒に戦って7年目。そんな2人のMVPにシーズンのこと、互いのこと、そして今後への思いを語ってもらった。

取材・文=田島早苗
写真=兼子慎一郎(インタビュー)、伊藤一充(プレー)

「日本代表が多いからとかいろいろ言われますが、その裏では相当練習しています」(渡嘉敷)

――優勝から数日経ちましたが、改めて今の心境をお聞かせ下さい。
渡嘉敷 ファイナル直後は優勝した実感が強かったのですが、今は優勝したこと、11連覇を達成したことより、オフになって少しホッとしているというのと、今シーズン頑張ってくれた体や心をしっかり休めたいなという気持ちが強いですね。
宮澤 私は、今回の優勝はすごく嬉しかったです。チームの雰囲気が良かったから、なおさら「このメンバーで優勝したい」という気持ちがありました。
それと、メイさん(大﨑佑圭)とリュウさん(吉田亜沙美)がスタートから抜けて、新しくネオ(藤岡麻菜美)とジュナ(梅沢カディシャ樹奈)が入って、だからこそ負けたくなかったし、女王感を出したかった。自分自身、ステップアップしたところを見せたい、チームとしても強いんだというのを見せたかったですね。

――女王感を出したかったと。
宮澤 はい。
渡嘉敷 お、魔女!(笑)。
宮澤 それは毎回思うんですよ。「女王だな」とか、「強すぎる」と言われることが好きなので。
渡嘉敷 えー、すごい(笑)。

――渡嘉敷選手はどうですか?
渡嘉敷 そこまでは…。強すぎるとか思われるのは……、だって強いですもん(笑)。いや、でも、メンバーが良いから勝てるとか、日本代表が多いからとかいろいろ言われますが、その裏では相当練習しています。それにコミュニケーションもたくさん取るし、選手みんな、レベルの高いプレーを求めています。「これくらいでいいか」ということは絶対になく、練習中からミスをしたら、「ああしよう、こうしよう」と、全員がちゃんと考えを言う。そういう意見交換をしながらやっているから強いんだということは伝えたいです。
宮澤 確かに。JX–ENEOSは良い選手がいるから、インサイドが強いからとか言われるけど、それだけでないですね。
渡嘉敷 うちらはチーム力も強いので。
宮澤 そうだよね。特に感じるのはディフェンスのチーム力。すごく細かいです。
渡嘉敷 細かいところまでちゃんと徹底できているよね。

――当たり前のように見えるプレーも細かい徹底があっての積み重ねということですよね。
宮澤 そうなんです。ディフェンスのポジショニング一つ取っても本当に細かいです。

1/2ページ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事