ここから本文です

新潟アルビレックスBBは連勝で自信を深めたい、川崎ブレイブサンダースはエドワーズがキーマン

3/15(金) 15:19配信

バスケットボールキング

■新潟アルビレックスBBvs川崎ブレイブサンダース(@シティホールプラザアオーレ長岡)
第1戦:3月16日15時5分、第2戦:3月17日14時5分

 新潟アルビレックスBBがこのまま中地区優勝まで突っ走れるかどうかは、5試合残っている同2位の川崎ブレイブサンダース戦をどう乗りきるかにかかっている。前々節に連敗したことによってその差は縮まり、直接対決の勝敗が明暗を分けることは間違いない。

 その新潟は前節に富山グラウジーズを退け、前々節の連敗のショックを吹き飛ばした。オフェンス面では前半にややもたついた感もあったものの、ディフェンスでは第2クォーターを9失点でしのぐなどして、リーグ2位の得点力を持つ富山を50得点に封じてみせた。五十嵐圭が17得点をマークしたほか、柏木真介が5試合ぶりに2ケタ得点、森井健太も8得点とガード陣がよく得点に絡んだ。また、脳震とうから復帰した渡辺竜之佑が9リバウンドをもぎ取ったこともいい兆候だ。

 対する川崎は、横浜ビー・コルセアーズを相手に第3クォーターで一時逆転を許す苦しい展開ながら最後は7点差でしっかりと勝ちきった。辻直人と長谷川技の3ポイントが確率良く決まったこともあり、アシストは28個を数えた。また、3月に入って以降、シェーン・エドワーズがいいスタッツを叩きだしていることも7連勝の大きな要因の1つになっている。

 第22節の今季初対決はホームで戦った川崎に軍配。今節は1勝1敗でも川崎が対戦成績でリードする状況は変わらないが、3勝差を追う川崎としては連勝して一気に迫りたいところ。逆に新潟は少なくとも連敗だけは避けなければならないが、連勝すれば自信を深めてさらに弾みがつくだろう。そのカギを握るのは、故障で前回対戦時に欠場したエドワーズ。3月に入ってからの5試合は1試合平均18.4得点と数字を伸ばしており、2ポイントの成功率は7割近くにのぼる。川崎はシーズン序盤に苦しんだ3ポイントも右肩上がりで、オフェンス面の隙がなくなった印象もある。新潟がどこに的を絞って守るかが試合展開に大きく影響することになりそうだ。

文=吉川哲彦

■ロースター
・新潟(ヘッドコーチ:庄司和広)
山口祐希
柏木真介
五十嵐圭
髙橋浩平
鵜澤潤
石井峻平
渡辺竜之佑
森井健太
上江田勇樹
池田雄一
ラモント・ハミルトン
ダバンテ・ガードナー
アマンゼ・エゲケゼ

・川崎(ヘッドコーチ:北卓也)
藤井祐眞
林翔太郎
青木保憲
篠山竜青
辻直人
谷口光貴
長谷川技
ニック・ファジーカス
バンバ・ジュフ
鎌田裕也
バーノン・マクリン
シェーン・エドワーズ

BASKETBALL KING

最終更新:3/15(金) 16:23
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事