ここから本文です

2連敗中の琉球ゴールデンキングス、相手得点源のブレイクリーをいかに抑えるか

3/15(金) 16:22配信

バスケットボールキング

■琉球ゴールデンキングスvsライジングゼファー福岡(@宜野湾市立体育館)
第1戦:3月16日18時5分、第2戦:3月17日14時5分

 琉球ゴールデンキングスは前節、佐々宜央ヘッドコーチが腰痛のため遠征に帯同せず、古川孝敏がリハビリ、田代直希がコンディション不良のため欠場。厳しいチーム状況で西地区5位に沈む滋賀レイクスターズとの一戦に臨んだ。試合は第1クォーターから8本の3ポイントを許すなど苦戦を強いられ、第2クォーターに一時3点差まで迫りながらも69-85で大敗。ターンオーバーこそ7個に抑えたものの、第20節の前回対戦と同じようにリバウンドで32-46と圧倒されたことが響いた。

 2連敗中の琉球に挑むのは、西地区最下位のライジングゼファー福岡。前節は敵地で大阪エヴェッサと対戦し、19点差の快勝で4連敗から抜けだした。マーカス・ブレイクリーが25得点11リバウンド6アシスト6スティール、エリック・ジェイコブセンが15得点12リバウンドとそろって活躍したほか、城宝匡史が4本、遥天翼が3本、山下泰弘が2本の3ポイントを成功。フリースローも18本中15本成功の83.3パーセントと高確率だった。

 琉球は地区2位につける京都ハンナリーズとのゲーム差が「2」に縮まり、今節の結果次第では首位の座を譲る可能性もある。古川と田代の出場可否は不明だが、チーム一丸となってこの壁を乗り越えたい。

 勝利には本来の強固なディフェンスを取り戻せるかがカギになるだろう。ここまで失点数はリーグ2位の3124点(1試合平均69.4点)だが、直近の5敗では79点、87点、76点、80点、85点。絶好調のブレイクリーを乗せることだけは避けたい今節、マッチアップの可能性があるアイラ・ブラウンやケビン・ジョーンズの活躍に期待したい。

■ロースター
・琉球(ヘッドコーチ:佐々宜央)
石崎巧
橋本竜馬
並里成
金城茂之
ナナーダニエル弾
須田侑太郎
ジェフ・エアーズ
岸本隆一
寒竹隼人
田代直希
アイラ・ブラウン
ジョシュ・スコット(インジュアリーリスト)
古川孝敏
ケビン・ジョーンズ
スコット・モリソン

・福岡(ヘッドコーチ:ボブ・ナッシュ)
遥天翼
山下泰弘
小林大祐
薦田拓也
波多野和也
エリック・ジェイコブセン
津山尚大
青木ブレイク
石谷聡
城宝匡史
加納誠也
デクスター・ピットマン
マーカス・ブレイクリー
鈴木龍雄

BASKETBALL KING

最終更新:3/15(金) 16:22
バスケットボールキング

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事