ここから本文です

日本ハム清宮が手術後初ノック「1歩前進かなと」

3/15(金) 19:28配信

日刊スポーツ

右手有鉤(ゆうこう)骨を骨折した日本ハム清宮幸太郎内野手が、手術明け初めてノックを受けた。

【写真】骨折の原因となった清宮のスイング

グラウンドでダッシュなどを行った後、室内練習場でゴロ捕球を実施。「1歩前進かなという感じです」。栗山監督とも術後は初めて顔を合わせて、激励の声をかけられた。「ゆっくり、してられないなと思いました」と早期復帰への思いを強くしていた。

最終更新:3/16(土) 23:53
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事