ここから本文です

ゴーン被告が4日間連続で弘中弁護士の事務所へ

3/15(金) 20:07配信

日刊スポーツ

会社法違反(特別背任)などの罪で起訴され、6日に東京拘置所から保釈された日産自動車の前会長カルロス・ゴーン被告(65)が15日、12日から4日間連続で、都内にある弁護人の弘中惇一郎弁護士の事務所を訪れた。

【写真】ゴーン被告と鈴木宗男元衆院議員が“ニアミス”

14日同様、午後5時半ごろまで滞在した。事務所を出る際、口をギュッとつんだまま硬い表情で、通話記録を裁判所に提出するなど使用制限された携帯電話をずっと耳に当てていた。「会見をいつ行うのか」という記者の質問に応じることなく、娘とみられる女性とともに、迎えのハイヤーに乗り込んだ。

最終更新:3/16(土) 4:23
日刊スポーツ

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事