ここから本文です

ロバート秋山さん、銀座で佐賀PR  「憑依芸」で県出身の架空シンガーに

3/15(金) 19:21配信

佐賀新聞

 佐賀県と人気お笑いトリオ「ロバート」秋山竜次さんのコラボ企画のイベントが14日、東京の銀座ロフトで開かれた。数多くのキャラクターになりきる憑依芸で人気の秋山さんが県出身の架空のシンガーになりきり、佐賀をPRした。山口祥義知事も登場し、秋山さんと一緒に即興ソングを熱唱した。

 イベントはキー局の情報番組のメディアや一般観覧者でにぎわった。秋山さんが扮ふんしたのはR&BシンガーUMBRELLA(アンブレラ)。「私の歌は佐賀の環境がつくってくれた。地元の良さを伝えられたら」と実際に佐賀を歩いて創作した即興ソングを披露。「隣に強い福岡がいるから目立たないけど佐賀には良い物があるのよ」と笑いを誘った。

 スペシャルゲストで山口知事が登場し、「アンブレラの大ファン。ずっと歌を聴いていたい」と花束を贈った。2人はアドリブで佐賀トークを繰り広げ、最後は山口知事が音楽に合わせて秋山さんと熱唱。秋山さんは「こんなに歌う知事はいませんよ」と一瞬、素に戻っていた。

 佐賀県の地方創生プロジェクト「サガプライズ!」の一環で、動画投稿サイト「ユーチューブ」に関連動画が公開されている。31日まで佐賀と銀座のロフトでコラボグッズを販売する。

最終更新:3/15(金) 19:21
佐賀新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事