ここから本文です

南果歩 3度目の結婚に消極的「もう十分でしょ」

3/16(土) 0:08配信

東スポWeb

 俳優・渡辺謙(59)の元妻の女優・南果歩(55)が15日、フジテレビ系「ダウンタウンなう」に出演し、2度の結婚・離婚の内幕を打ち明け、3度目の結婚について言及した。

 南は作家でミュージシャンの辻仁成と1995年に結婚し、1児をもうけたが2000年に離婚。「人生最大の決断」だったが、05年には渡辺と「熟慮を重ねて」再婚した。2度目は「添い遂げるつもりだった」が、渡辺の不倫報道など「いろいろあった」とポツリ。単身、米国への語学留学で心身ともにリフレッシュしたが、溝は埋められず「それぞれが幸せな方がいい」と昨年5月に離婚成立を報告した。南は渡辺の浮気を週刊文春が報じる直前まで知らず、浮気に対して「怒りとか悲しみとかなくて『無』でした」と当時の心境を語った。

 本紙は、南と一般男性の“ラブラブ現場”がキャッチされたことを報じた。南は今月7日、京都でホテル業を営む年下男性(推定40代)と都内の外資系高級ホテルの最上階にあるダイニングレストランに現れ、周囲の視線を気にすることなく、男性にボディータッチしたり肩を並べて携帯で自撮りしていたというものだ。バツ2になってから10か月。ついに新恋人ゲットかと思われたが、所属事務所は取材に対し「友人です」と交際を否定した。

 番組で松本人志(55)から「3度目はある?」と聞かれた南は「ないです。もう十分でしょ、2回結婚して」と返した。「寂しくないですか」と詰め寄る松本に「結婚はもういいかな」と消極的な様子だった。

最終更新:3/16(土) 0:13
東スポWeb

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事