ここから本文です

【ボクシング】田中恒成が判定で初防衛に成功、ボディを有効に効かせ田口良一に競り勝つ

3/16(土) 17:13配信

イーファイト

 3月16日(土)「岐阜メモリアルホールで愛ドーム」で『WBO世界フライ級タイトルマッチ』が行われ王者・田中恒成(24=畑中)が元IBF・WBA世界ライトフライ級王者で挑戦者の田口良一(32=ワタナベ)を判定3-0で下し田中が初防衛に成功した。

【フォト】3R、田口の右がクリーンヒットし王者田中がグラつく

 両者はこれまで統一戦を熱望していたが、田中の眼窩底骨折での休養や田口が昨年5月、統一王座防衛戦でヘッキー・ブドラーに敗れ王座陥落などがあったがようやく実現した一戦だった。

 1~2Rは田口のアッパーと田中のボディブローで一進一退の展開だったが、3Rから流れが大きく変わる。田口のショートの右がヒットしダメージでバランスを崩す田中。田口は連打で倒しにいくが田中は持ちこたえる。しかし田中は左ボディを決めて行き田口が徐々に手数が少なくなり田中はペースを掴む。

 4R、田中は左ボディブローをヒットさせ田口は防戦一方に。更に下から上にパンチをヒットさせ、強烈な右ボディもヒット。田口は鼻から出血。

 5Rには田中の右ストレートがクリーンヒット。ボディそして左ジャブ、左フックと1Rから若干固かった田中の動きが滑らかになり躍動感が出てくる。以降のラウンドも接近戦からショートアッパーは田口、田中はボディで攻め田口はボディが効いたか手数が少なめだ。ただ、以降のラウンドも田口の巧さは、ヒットは許すもののガードと間合いで攻撃を外し連打を許さないことだ。

 8R、田中の右アッパーで田口の顎を跳ね上げるが田口もジャブで田中の顎を跳ね上げるなど徐々に田口はペースを掴み始める。田口は接近戦で田中の攻撃を貰うも細かくアッパー、ボディブローと出し続け逆転を狙う。
 続く9Rも田中は左ボディから左フックにつなげヒット。終盤ラウンドが得意な田口は積極的に手を出し始め、右を連続して2発ヒットさせるなど徐々に追い上げ始める。

 しかし11R、序盤から田口が積極的に攻めるが、中間距離での打ち合いの中で田中の左ボディで田口の動きが鈍ってくる。ボディを連打するが田口は耐え、お互い打ち合いとなる。

 そして最終の12R、田中が序盤から前に出て連打し倒しに行く。田口のボディ、顎を捉えるが、田口も反撃。両者ともに引かないが田中の方がやや田口を捉え攻勢。ラスト10秒はお互い打ち合いとなり試合終了。
 判定は117-111、117-111、119-109の差を付け勝利を納めた。

最終更新:3/18(月) 13:48
イーファイト

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事