ここから本文です

マチャド斬り!マエケン、オール空振り4回6K「全球種コントロールできた」

3/16(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 パドレス0-12ドジャース(14日=日本時間15日、ピオリア)米大リーグ、ドジャースの前田健太投手(30)はパドレス戦で先発し、4回を2安打無失点、6三振と好投。チームは12-0で勝ち、前田に2勝目が付いた。

 前田は全て空振りで6三振を奪い、「全部の球種をコントロールできたし、相手もそれなりに良いメンバーを並べてきている中で、しっかり投げることができた」と納得の表情を浮かべた。

 昨季の同僚で、10年の大型契約で移籍した3番・マチャドは2打席とも抑えた。一回はチェンジアップを引っ掛けさせて三ゴロ併殺打に。四回は「配球の傾向が出ないように」と直球のみで押し切り、左飛に仕留めた。

 同地区のチームの主砲には手の内を隠す一方、対戦経験がなかった若手の情報は入手。「1度対戦しただけでもイメージできた。僕にとってもプラス」と収穫を得た。

 打撃では三回、もう少しで本塁打という二塁打を放った。「もうちょっと練習して本塁打を打てるように頑張る。悔しい」と上機嫌だった。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事