ここから本文です

横浜・及川、奥川から「刺激」星稜と戦うまで一戦必勝だ!/センバツ

3/16(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 23日に開幕する第91回選抜高校野球大会(甲子園)の組み合わせ抽選会が15日、大阪市内で行われ、プロ注目の左腕、及川(およかわ)雅貴投手(3年)がいる横浜は初戦で、明豊(大分)とぶつかる。

 対戦相手が決まり、決意を新たにした。横浜の最速153キロ左腕・及川は、星稜の最速150キロ右腕・奥川に、熱き思いをはせた。

 「奥川投手は頭ひとつ抜けています。先のチームにいることは、大きな刺激になる。一戦必勝を心がけていきたいです」

 好投手との投げ合いを見据えた。「先のチーム」とは、2回戦以降に対戦が予想される高校。横浜は勝ち進めば、準決勝で奥川を擁する星稜との対戦になる可能性がある。

 同時にしっかりと足もとを見つめた。初戦の対戦校は明豊に決定。抽選会が開かれた午前中は学校で体育の授業を受けており、サッカーを行っていた。授業の後に抽選結果を知り、気持ちを高ぶらせた。

 及川はプロが熱視線を送る注目の存在だけに、明豊の徹底的な分析を受けることは必至だ。自身の置かれた立場は十分に承知しており、「対策されるので、それ以上の結果を求められます。できるように心がけたいです」と大会2日目に最高潮の状態へ持っていく。

 「(奥川は)総合力の高い投手。僕が比較されていいのかと思っています」。1、2年の夏に甲子園で登板しているが、今大会は初めてエースナンバーを背負って聖地のマウンドに立つ。勝ちパターンは及川の好投から打線爆発。横浜にとって13年ぶり4度目の優勝を目指し、自慢の快速球を駆使する。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事