ここから本文です

オリ・山岡、万全10Kウエスタン開幕星!29日1軍でも勝つ

3/16(土) 7:00配信

サンケイスポーツ

 (ウエスタン、中日2-10オリックス、15日、ナゴヤ)オリックス・山岡泰輔投手(23)が15日、ウエスタン開幕の中日戦(ナゴヤ球場)に先発。8回を7安打10三振1失点で白星スタートを導いた。自身初の開幕投手に向けた調整は順調で、29日の日本ハム戦(札幌ドーム)での“W開幕星”に意欲をみせた。

 格が違った。最速147キロの直球がコースにビシバシと決まり、キレキレの変化球。新エース候補、山岡がまずはウエスタン開幕戦で“今季1勝目”をつかんだ。

 「悪くはない。走者が出たときの練習もできたし。打者とどうこうより、セットポジションの確認、自分のボールの確認ができた」

 一回、先頭の中日のドラフト1位・根尾昂内野手(大阪桐蔭高)を三球三振。注目を浴びる黄金ルーキーをあっさり料理した。続く溝脇の打球は右翼線にポトリと落ちる二塁打。打ち取った当たりで走者を許し、阿部の中前適時打で1点を失ったが、その後はホームを許さず、力の差を見せつけた。次回は22日の阪神戦(京セラ)に登板予定。開幕前最終調整となるが、「もう大丈夫。結構いい感じで、きている」と手応えバッチリだ。

 29日の日本ハム戦(札幌ドーム)では自身初の開幕投手を務める。1軍の開幕戦は2012年から7連敗中だが、「1軍の開幕でもチームを勝たせる投球をしたい。7連敗中ですけど、そろそろ途切れるんじゃないですかね」と“W開幕星”に意欲をみせた。

 投手陣を引っ張る役割を託された副キャプテン。その右腕で負の連鎖をも断ち切り、開幕ダッシュを呼び込む。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事