ここから本文です

パラ競技ボッチャ ルール講習会の参加者募集

3/16(土) 0:11配信

産経新聞

 長野県松本市は2020(平成32)年に開催される東京パラリンピックの正式種目「ボッチャ」について、そのルールを学ぶ講習会の参加者を募集している。同市のMウイングで24日に行われる。

 ボッチャは、日本に伝わって約20年の新しいスポーツで、赤色や青色のボールを投げるなどして、白色のジャックボール(目標球)にいかに近づけるかを競う。手足に障がいを持つ人が出場でき、日本勢の金メダル獲得が期待されている。

 参加対象は、ボッチャのプレー経験があり、ルールを学びたい人であれば、障がいの有無は問わない。参加無料。定員12人(申し込み必要)。問い合わせはMウイング内の中央公民館(0263・32・1132)。

最終更新:3/16(土) 0:11
産経新聞

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事