ここから本文です

ヤクルト・村上、右翼席へオープン戦2号「しっかりと自分のスイングができました」

3/16(土) 14:48配信

サンケイスポーツ

 体調不良で14日まで別メニューで調整していたヤクルト・村上宗隆内野手(19)が「6番・三塁」で先発し四回に右翼席へオープン戦2号となるソロアーチを放った。

 田原が投じた内角低め、104キロのカーブを泳ぎながらスタンドまで運んだ。「侍ジャパン」として挑んだメキシコ戦を含めると8試合連続安打で、オープン戦では6試合連続安打。初めて右方向への安打となった。定位置奪取を狙う19歳は「崩されることなく、しっかりと自分のスイングができました」とコメントした。

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事