ここから本文です

農家さんのレシピ・万能野菜のアイデア料理

3/16(土) 12:00配信

テレ東プラス

今回は、日本で二番目に大きい湖・霞ケ浦に面した茨城県阿見町で昼めし旅。この時期は、霞ケ浦でとれる新鮮なシラウオやワカサギが名物。そんな阿見町でご飯調査するのは、プロレスラーの中西学さんです。

れんこん×チーズのイタリアンれんこん料理!

れんこん畑で作業している人を発見した中西さん。実は茨城県は、れんこんの生産量日本一。1年を通して栽培しており、1日でおよそ800kgも収穫するそうです。中西さんもれんこんの収穫を手伝ったところで、社長の吉田和嗣さんに例のお願いを...。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

あっさり交渉成立! ご自宅に伺います。

れんこん農家ならではのアイデア料理を披露。

1.れんこんの皮をむき、半分に切る。
2.おろし器で薄くスライスする。
3.クッキングシートを乗せたフライパンの上にレンコンを敷き詰め、その上にピーマン・コーン・ベーコンをのせる。
4.仕上げにチーズをかけて、フタをして焼いたられんこんピザの完成!

こちらが吉田家のお昼ご飯。

すりおろしたれんこんが入った肉団子のスープやたけのこの代わりにれんこんを使ったチンジャオロースも並びます。
1年を通してれんこんを作っている吉田家では、やはりれんこん料理がよく食卓に並ぶそう。

子どもたちの大好物というれんこんのピザを、中西さんもいただきます。「薄く切っても歯触りがいいのと、いろんな食材との相性がいい。うまいことマッチしている」と絶賛。れんこんの可能性を感じるアイデア料理でした。
これからも、れんこん作りを頑張ってください!

身も心も温まる! 新婚の夫を支える愛情飯

続いてお邪魔したのは、競走馬の育成などを行う内藤牧場。
競走馬を調教するJRAのトレーニングセンターがあるのは、日本で滋賀と茨城の2ヵ所だけ。G1レースを4度制したアーモンドアイや、昨年秋の天皇賞を制したレイデオロもここでトレーニングを積んでいます。そんな美浦トレーニングセンターの隣町・阿見町には、競走馬をケアする牧場が6ヵ所あります。お話を聞いたところでご飯交渉。

「あなたのご飯、見せてくださ~い」

断られたものの、なんと親日プロレスのファンだというお隣さんが現れ、交渉成立!

ご飯を見せてくれることになった江本格さんは、競走馬を管理しているチェスナットファームで働いています。ちょうど馬たちも夕飯の時間。中西さんも、エサやりのお手伝いをしてからご自宅へ...。

奥様の美穂さんが料理を担当。まずはピーマンの肉詰めを作ります。

1.鶏ひき肉をピーマンに詰める。
2.フライパンで肉を下にして焼く。
3.醤油・酒・みりんで味付けする。

こちらが江本家の晩ご飯。

千切りして下茹でしたニンジンをツナと和えた和え物は、美穂さんの得意料理。
かつおだしを効かせたアオサとお麩の味噌汁も並びます。

美穂さんは、体力勝負のハードな仕事をしている格さんのために、野菜を中心とした健康的な料理を作るように心掛けているそうです。新婚夫婦にほっこり。これからも末永くお幸せに!

※「昼めし旅~あなたのご飯見せてください」より

テレ東プラス

最終更新:3/16(土) 12:00
テレ東プラス

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事