ここから本文です

ゴファン チャレンジャー敗退、世界168位に逆転負け<男子テニス>

3/16(土) 20:21配信

tennis365.net

アリゾナ・テニス・クラシック

男子テニスのアリゾナ・テニス・クラシック(アメリカ/アリゾナ、ハード、ATPチャレンジャー)は15日、シングルス準々決勝が行われ、第1シードのD・ゴファン(ベルギー)は世界ランク168位のS・カルーソ(イタリア)に6-2, 3-6, 2-6の逆転で敗れ、ベスト4進出とはならなかった。

【ゴファンに独占インタビュー】

現在開催中のBNPパリバ・オープン(アメリカ/インディアンウェルズ、ハード、ATP1000)で初戦敗退を喫していた世界ランク21位のゴファンは、今大会で同111位のR・カルバレス バエナ(スペイン)と第15シードのC・ルード(ノルウェー)を下して8強へ進出していた。

この日は第1セットを先取したが、ファイナルセットでは1度もブレークチャンスを握ることができず1時間46分で敗れた。

勝利したカルーソは、準決勝で第4シードのM・ククシュキン(カザフスタン)と対戦する。

その他では第6シードのM・ベレッティーニ(イタリア)と第12シードのG・アンドレオシ(アルゼンチン)が4強へ進出している。

最終更新:3/16(土) 20:21
tennis365.net

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事