ここから本文です

茨の道が続くレバンガ北海道、まずは1戦目に全精力を傾け連敗から抜けだしたい

3/16(土) 8:20配信

バスケットボールキング

■レバンガ北海道vs横浜ビー・コルセアーズ(@北海きたえーる)
第1戦:3月16日18時5分、第2戦:3月17日14時5分

 茨の道が続くレバンガ北海道は、前節も秋田ノーザンハピネッツに敗れて今季3度目の7連敗となった。前々節に続いてフリースローの確率が悪く、試投数23本と多投した3ポイントに至っては成功が2本のみ。さらに17個のターンオーバーを犯し、8本のブロックを浴びるなど52得点止まりの大敗だった。3月に入って5試合中3試合が50点台と、昨季までの緻密なオフェンスは影を潜める一方。そして、滋賀レイクスターズとライジングゼファー福岡が勝ったことで、ついにリーグ全体の最下位に転落した。1戦目に敗れれば2度目の8連敗、連敗すれば今季最長の9連敗となる今節の相手は、同じく残留プレーオフ圏内の横浜ビー・コルセアーズ。今季最後の他地区との対戦ということもあり、何としても勝っておかなければならない。

 その横浜も川崎ブレイブサンダースとの“神奈川ダービー”にまたしても敗れたが、第3クォーターには約2分の間に9点差をひっくり返してリードを奪った時間帯もあり、こちらは前々節の千葉ジェッツ戦に続いて手応えを感じられる内容だった。アーサー・スティーブンソンが40分フル出場で19得点16リバウンドと奮闘し、竹田謙と橋本尚明もスターター起用に応える良い働きぶりを披露。川村卓也が9得点止まりながら通算8000得点に到達したことも明るい話題で、残留プレーオフ回避のムードは少しずつ高まりつつある。

 ただ、北海道の最下位転落で両者の順位は離れたが、星2つの差しかない状況に変化はない。仮に今節北海道が連勝して勝率で並んだ場合は、対戦成績で下回る横浜が逆に窮地に立たされることになり、滋賀と福岡の結果次第では最下位転落もあり得る。横浜は最低でも1勝1敗に持ちこみ、今後も見据えて得失点差で上回っておきたい。連勝が必須となる北海道はまず1戦目に全精力を傾けること。ここ7試合は2ケタ得点どころか最高が4得点という桜井良太の奮起が望まれる。

文=吉川哲彦

■ロースター
・北海道(ヘッドコーチ:内海知秀)
溝口秀人
関野剛平
山本柊輔
牧全(インジュアリーリスト)
多嶋朝飛
折茂武彦
市岡ショーン(インジュアリーリスト)
桜井良太
デイビッド・ドブラス
マーク・トラソリーニ
川邉亮平
野口大介
松島良豪
バイロン・ミュレンズ
中野司
内田旦人

・横浜(ヘッドコーチ:トーマス・ウィスマン)
細谷将司
川村卓也
高島一貴
湊谷安玲久司朱
中村太地
橋本尚明
ハンター・コート
ジョナサン・ホームズ
田渡凌
竹田謙
エドワード・モリス
小原翼
アーサー・スティーブンソン
ブランドン・コストナー

BASKETBALL KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事