ここから本文です

栃木ブレックスが京都ハンナリーズに圧勝…チャンピオンシップ出場決定

3/16(土) 19:26配信

バスケットボールキング

 3月16日、ブレックスアリーナ宇都宮でB1リーグ第28節第1戦が行われ、東地区2位の栃木ブレックスが西地区2位の京都ハンナリーズと対戦した。

 第1クォーターはジェフ・ギブス、比江島慎を中心に攻め立て計26得点。ディフェンスも光り、失点をわずか9点に抑えて17点リードを得た。第2クォーターはファウルが重なり、フリースローだけで12点を失うも、47-27と大きく差をつけて後半へ。

 後半もジュリアン・マブンガ、デイヴィッド・サイモン以外にはほぼ得点を許さず。第3クォーターを23-17、第4クォーターを22-15とし、最終スコア92-60で圧勝。オフェンスではライアン・ロシターの22得点を筆頭に竹内公輔、山崎稜ら5人が2ケタ得点を挙げる活躍を見せた。

 また、栃木は同日にシーホース三河と名古屋ダイヤモンドドルフィンズが敗れたため、「B.LEAGUE CHAMPIONSHIP 2018-19」の出場が決まった。

【試合結果】
栃木ブレックス 92-60 京都ハンナリーズ(@ブレックスアリーナ宇都宮)
栃木|26|21|23|22|=92
京都| 9|18|18|15|=60

BASKETBALL KING

こんな記事も読まれています

あなたにおすすめの記事